入れ歯の具合が悪い・歯を失った

LOST TOOTH

失った歯の機能を回復する方法を
一緒に考えていきましょう

できる限り歯を残すことが当院のモットーではありますが、やむを得ず歯を失うことになった場合でも、お口全体を考慮して、残っている歯を長くお使いいただける方針をご提案します。

例えば、残っている歯の状態やかみ合わせの状態よっては、残っている別の歯を移植して失った歯を補うといった選択肢です。元々ご自身の歯なので親和性には全く問題がなく最も安全な方法だからです。それ以外にもインプラントや入れ歯など、しっかりと検査し、診断し、患者さまのお口の状況に合わせて、それぞれのメリットやデメリットをご説明します。最良の選択肢を一緒に考えていきましょう。

今お使いの入れ歯の具合が悪いという方もお気軽にご相談ください。調整や修理で見違えるほど使い心地が良くなる場合もあります。

歯の移植による治療

身体に優しい自家歯牙移植

失った歯を、ご自身の別の歯で補う治療を「自家歯牙移植」と言います。
ブリッジのように隣り合う歯を削る必要がありませんし、入れ歯のように他の歯に負担がかかることも違和感もありませんが、万能な治療法ではなく、親知らずやかみ合う歯がないなどの移植しても問題ない歯があることが必要ですし、移植先のあごの骨の状態によっても制限があります。
とは言えご自身の歯ですので、親和性が高く歯の機能がそのまま活かせる治療法ですので、適応症例の場合は第一選択肢としてご提案します。

噛む機能の良さと他の歯を傷めない
インプラント治療

※自由診療(保険適用外)

一般的に失った歯の機能を治療する方法として、ブリッジ、入れ歯、インプラントといった選択肢がありまが、(当院では歯牙移植という選択肢もあります)この中で一番元の歯に近い形で治療が完了するのがインプラントです。
歯は外から見えている部分を「歯冠」、歯ぐきの中にあって見えない部分を「歯根」と言います。ブリッジや入れ歯は歯冠を再現するまでの治療なのに対して、インプラントは歯根を再現する治療なので元の歯と同じように機能するのです。歯根を再現しない治療では、その役割を隣り合う歯などで支えることになるため、残っている歯に負担がかってしまうというデメリットがあります。お口全体の歯をできるだけ多く残すという視点で考えると、インプラントによる治療が最適ということになります。

安全性を高めるための設備が整っています

ブリッジや入れ歯のような表面的な治療とは異なり、インプラント治療は外科手術を伴う治療ですので、当院では安全な治療を行うための設備を万全に整えています。
外からは確認できないあごの骨の状態をモニター上で立体的に再現できる歯科用CTもその1つです。インプラントを入れるあごは充分な厚みやスペースが確保できているかといったことを事前に知ることができ、またモニター上で術前にシミュレーションできるため、不測の事態ということが起きにくくなります。
その他、安全性を高めるために、麻酔科医の立ち合いのもと、生体監視モニターで常に患者さまの状態をチェックしながら手術を行います。

当院のインプラント治療

世界的に信頼性の高いインプラントを使用

当院では、安全性と信頼性を最優先に考えストローマン社製のインプラントをメインに使用しています。
ストローマン社は、世界70か国以上で使用されているスイスを拠点とするインプラントメーカーで、同社製のインプラントは科学的根拠に基くデータが多数発表されており、多くの実績があり、特に長期使用時のトラブルが非常に少ないということが使用する理由です。
インプラント治療は身体の中に異物を埋め込むという治療ですので、長期間安全に使用できる可能性が高いということは費用には代えられない価値だと考えています。

また、世界的にシェアが広く歯科医療先進国で使用している歯科医院がとても多いため、やむを得ず当院への通院が難しくなった場合や海外旅行中などにトラブルがあっても対応できる可能性が高くなります。

インプラント治療の費用

インプラント手術

診査診断料、上部構造含む

375,000円〜

インプラント治療のリスク

  • 違和感が完全になくなるものではありません。※使用感には個人差があります
  • 使用状況により破損する場合があります

アメリカインプラント学会認定医との連携

特に難しい症例は、アメリカインプラント学会認定医の出張オペも可能です。インプラント治療を専門に多くの症例を経験しているため、あごの骨の状態が悪い等の理由で他の歯科医院で治療が難しいと判断された症例でも安心してお任せいただけます。

ドクタープロフィール

塩崎 健造

昭和大学出身
経歴
関東労災病院 歯科口腔外科
世田谷区用賀 マメデンタルクリニック
アメリカ ロマリンダ大学インプラント科

保険適用でも使い心地が良く
メンテナンスも楽な入れ歯治療

保険適用の入れ歯と自由診療の入れ歯で最も異なるのは使っている材料です。
当院では、保険治療でも自由診療と同様の検査や工程で製作していますので、使い心地の良い入れ歯をご提供できます。今まで、保険の入れ歯だからと使い心地をあきらめていた方は、是非当院までお越しください。

入れ歯は外して洗えるため、メンテナンスが楽ということもメリットです。

現在お使いの入れ歯が合わない方

入れ歯が外れてしまう。痛い。使い心地が悪い。そのようなお悩みがあれば一度ご相談ください。調整や簡単な修理でも見違えるほどに使い心地が良くなる場合もあります。

ご希望や用途に合わせた
オーダーメイドの入れ歯

※自由診療(保険適用外)

保険診療と自由診療の違いは、一般的には日本国内で承認されている治療法かそうではないか。または、承認されているお薬かそうではないか。ということになりますが、入れ歯治療においては治療法と言えなくもないですが、大きく違うのは「材料」です。オーダーメイドの革靴をイメージしてみてください。より柔らかい革を使ったり、底の厚みを好みに調整したり。その結果、足にピッタリで痛くなく、足が前に出やすい靴に仕上がったら良いですよね。入れ歯も同じです。さらに良い使い心地をご希望の方はお気軽にご相談ください。

違和感を減らして、味もより感じられる入れ歯

保険適用の入れ歯のピンク色の部分(床)で使用するレジン(プラスチック)は、強度がそれほど強くないため、ある程度の厚みを持たせて作る必要があります。ですので、特に上あごについては違和感を感じられると思います。
自由診療の入れ歯では、この床のベースに金属(チタンなどの合金)を使用することができるため、より薄く違和感のない入れ歯が作れます。また、金属はレジンに比べて熱伝導率が高いため、食べ物の温度を感じることができ、おいしさを感じられます。

審美性が良く、気付かれにくい入れ歯

クラスプ(入れ歯を歯にかけて固定するバネ)が金属ではない入れ歯です。クラスプをかける位置によって歯と同じ色のもの、歯ぐきと同じ色のもの、透明のものなどがあります。周りからは入れ歯を付けていることが気付かれにくく、審美性を求める方にはお勧めです。

究極の外れにくい入れ歯

総入れ歯は基本的に固定する歯がないために、あごに吸着させるように作るため、特に下あごの総入れ歯は、あごの動きや舌の動き、構造上の理由により外れやすくなってしまう場合があります。そのような場合にお勧めなのが、インプラント数本で入れ歯を固定する、インプラントオーバーデンチャーです。
固定されているため外れにくく、アタッチメントで取り外しも可能な入れ歯です。

入れ歯治療の費用(自由診療)

金属床義歯

土台に金属を使用した入れ歯

300,000円~

ノンクラスプデンチャー

金属製の留め具がない入れ歯

150,000円~

コンフォート義歯

歯ぐきにあたる面がシリコン素材のため付け心地が良く吸着性も高い入れ歯

200,000円~

インプラントオーバーデンチャー

インプラント体、アタッチメント除く

300,000円〜

入れ歯治療のリスク

  • 違和感が完全になくなるものではありません。※使用感には個人差があります
  • 使用状況により破損する場合があります

当院は予防歯科に力を入れて取り組んでいます

残っている歯を長く健康に保つために、定期検診を受けていただくことをお勧めします。
詳しくは当院の予防歯科をご覧ください。

診療予約について

RESERVE

患者様をお待たせしないために、完全予約制とさせていただいております。お電話もしくは予約フォームから予約をお取りいただけます。

 
9:00-13:00
14:30-18:30
休診日:日曜 / 祝日

〒065-0027
北海道札幌市東区北27条東15丁目1-20
地下鉄東豊線 元町駅2番出口より徒歩7分